細かい所が違います

合宿免許とはその名の通りホテル・旅館・合宿所などに宿泊して免許取得を行うものですが、通学と比較しても格安なのでこれを利用される方は非常に多いのです。
また免許取得には車だけではなくバイクなどの二輪車も可能であり、様々なタイプの免許取得が可能となっています。
しかし乗用車と異なり、バイクの場合は軍手などの滑り止めとなるものを用意しておく必要性があります。
またヘルメットも各自で用意しておく必要がありますので、フルフェイス型・ジェット型のどちらかを購入して合宿免許に持っていくといいでしょう。
この他のもヒールの靴、厚底タイプの靴などは怪我の元になるので許可していない教習所も数多くあります。
まずは身だしなみについてきちんと確認をとってから準備を進めるのが良いでしょう。
さらに、服装は長袖と長ズボンが原則となっていますので、バイクの免許を取得される際には夏場であっても長袖のシャツを用意しておくことが無難であると言えます。
これは事故などで転倒した際に身体を守るために身に付けるものなので、事前に必ず用意しておく必要があるのです。
このように、バイクの合宿免許は乗用車と異なった制度があるので十分に気を付けましょう。
Copyright(c) 合宿免許のシステムについて All Rights Reserved.